[PCパーツ] 東芝、1.8インチ120GBプラッタのHDD試作に成功

2007年9月6日 by
カテゴリ: PCパーツ, 電気小物 

 

株式会社東芝は6日、HDDの記録密度を1.5倍まで高められる技術を開発し、1.8インチHDDでディスク1枚120GBのHDD試作に成功したと発表した。

 試作に成功したHDDは、「ディスクリートトラックレコーディング」(DTR)と呼ばれる技術を採用。DTR技術は、ディスク上のトラック間に物理的な溝を形成することで、トラック間の相互干渉を低減。トラックのピッチを狭めることが可能になり、記録密度が向上する。あわせて、信号の品質を高めるという効果もある。

 これにより、通常の垂直記録式HDDの1.5倍の記録密度を実現。1.8インチHDDで1枚120GBを可能にした。DTR技術を使ったHDDの試作は世界初としている。さらに、ヘッドの位置を決めるための基準信号のサーボパターンもディスク上に形成している。

東芝、1.8インチ120GBプラッタのHDD試作に成功

ついさっき1プラッタ80GBの出荷開始したと思ったらもう次のお話。

来年には5ミリで120GBの製品ができるということですね?でもそれがPATAで東芝コネクタで製品化されるかはわからんのぅ。

ここいらはとりあえず未来のiPodに乗ったりするんかいね。

コメント

Comments are closed.