[PCパーツ] バッファロー、USBフラッシュメモリーにウイルス混入と発表

2007年10月10日 by
カテゴリ: PCパーツ 

 最近多いUSBメモリへのウィルスの混入事件。今度はバッファローから。

 (株)バッファローは10日、同社製USBフラッシュメモリー「RUF2-FS512-W」「RUF2-FS1G-W」「RUF2-FS2G-W」の3製品の一部にウイルスが混入している可能性があると発表した。同社ではウイルスが混入した製品について無償交換を実施する。

バッファロー、USBフラッシュメモリーにウイルス混入と発表 – ASCII.jp

 

 台湾とか中国で製造中に混入するのかしらん?

 HDDで同じような話は聞いたことがないからUSBメモリにはなにか特殊な事情があるのか?単純なフラッシュメモリじゃなくて指紋だなんだのセキュリティソフトが感染してるってことなんじゃろうか。恐ろしい話だなー

 USBメモリ刺し放題な会社さんはもうちょっと危機感を持ってもよいんじゃないかと思うよ。

コメント

Comments are closed.