[PCパーツ] 東芝、世界最大級のNANDフラッシュ製造棟が完成

2007年9月4日 by
カテゴリ: PCパーツ 

 

東芝、世界最大級のNANDフラッシュ製造棟が完成 – PC Watch

 新棟では、12月より56nmプロセスで量産を開始し、2008年3月以降、順次43nmプロセスに移行する予定。2008年後半には月産8万枚まで生産能力を拡大させる。フル生産時には月産21万枚の生産能力を持つとしている。

 

なんだかんだ言ってもやっぱり国産のフラッシュメモリが安心な昨今。東芝の新工場が完成したというのは良いことだ。

枚って言うのはおっきい円板が1枚?その1枚からどんだけメモリがとれるのやら~

SDHCで32GBを出すとか、microSDHCで8GBを出すとかチップを作ってる強みからか、松下を置き去りにして独走しそうな感じの東芝ですが、どえすとかmicroSDHCに対応してないよね?
CPUが対応してないからって話だけど、Sigmarion3はSDHCが動くとかいう話があったような気がする。試してみようと思ったらACアダプタないから試せないw
LOOX UはかろうじてSDHCには対応してるけど速度がびっくりするほど出ないから32GBなんて全部書こうと思ったらどんだけかかることやらw

結論としては、SDHCじゃないmicroSDの4GBを国内メーカーで作って手ごろな値段で売ってくれってこった。

コメント

Comments are closed.