[PCパーツ] 玄人志向、ロープロ対応のRadeon HD 2600 XT採用グラフィックスカード「RH2600XT-LE256H/HD」

2007年11月29日 by
カテゴリ: PCパーツ 

 キューブPCを使ってるので、ロープロファイル対応のビデオカードは気になる。

 玄人志向は11月29日、GPUとしてRadeon HD 2600 XTを搭載するロープロファイル対応グラフィックスカード「RH2600XT-LE256H/HD」を発表、12月14日より発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万5980円(税込み)。

玄人志向、ロープロ対応のRadeon HD 2600 XT採用グラフィックスカード「RH2600XT-LE256H/HD」 – ITmedia +D PC USER

 

 REGZA 37Z2000にHDMIで接続しているのでHDMI搭載も大きなポイント。Radeon HDは音源搭載なので映像も音もケーブル1本で済んでしまう優れもの。

 うちのPCはAOpenのEZ965というキューブベアボーンにいろいろ詰めてるんですが、PCI Express x16に背の高いビデオカードをさすと換気が悪くなって夏場大変。

 なので、今はロープロファイルのRadeon HD 2400 XTを使ってるんですが、これがまた2400XTがびっくりするほど遅い。Vistaのエクスペリエンスインデックスがグラフィックス3.7なんて屈辱的な数字をはじき出してくれるほど遅い。画面の書き換えが目で追えるほど遅いw

 ということで、そのうちそこそこ速いのに乗せ換えたいんですが、ちょっと高いので我慢。1万円を切るぐらいになったら買い替えてもいいかなぁ。

 そうそう、EZ965なんですが、Vista x64でメモリを4GBにしたら増設したビデオの領域とぶつかってオンボードのビデオじゃないと動かないという切ない状況だったんですが、Vistaのパッチをいろいろ当てたらなんとなくRadeon刺してても動いた。だが認識されたメモリが3326MB。どないやねん。ちっともx64の意味がないやんけw

コメント

Comments are closed.