[PCパーツ] 東芝、3,840×2,400ドット対応の22.2型ワイド液晶を販売開始

2007年11月2日 by
カテゴリ: PCパーツ 

 WQUXGAってWUXGAの4倍か…

 22.2型ワイドのサイズでWQUXGAの表示が可能な超高精細液晶。画素ピッチは0.1245mmに達し、解像度200dpiで紙や写真と同等レベルの表示が可能としている。地図情報や航空写真、美術館、文書表示などのシステムに最適としている。

東芝、3,840×2,400ドット対応の22.2型ワイド液晶を販売開始 – PC Watch

 

 尋常じゃない解像度だなw

 金額も本体が208万で専用ビデオカードが31万ちょっとで合わせて240万円っていうのも尋常じゃないw

 我が家のNECのノートPCが15インチのQXGAでそりゃぁもう激しく字が小さくてこれもまた尋常じゃない感じなんだが、それをはるかに上回る高解像度。単純計算で900万画素ですか… 確かに普通のビデオカードでは対応できないね。

 静止画表示以外で実用になるのかな?

コメント

Comments are closed.