[Software] Sambaチーム、Microsoftからサーバプロトコル文書を入手

2007年12月21日 by
カテゴリ: Software 

 ファイルサーバーに便利なことでおなじみのSambaがWindows完全互換になりそうです。

 Sambaを推進する非営利団体Protocol Freedom Information Foundation(PFIF)は12月20日、Microsoftからサーバプロトコル文書を入手することで同社と合意したことを明らかにした。同文書は、Sambaなどのフリーソフトウェアに、Microsoft Windowsワークグループサーバ製品との完全な相互運用性を持たせるのに不可欠なもの。PFIFは、オープンソースに無料の法的サービスを提供する団体Software Freedom Law Center(SFLC)が設立した。

Sambaチーム、Microsoftからサーバプロトコル文書を入手 – ITmedia News

 

 文書自体は内緒らしいんですが、そのプロトコルを組み込んだソースは公開してOKらしいのでそのうち完全版Sambaが出てくることでしょう。

 今後改変があっても最新版がSambaチームに開示されるそうなので、今後も安心なようだ。

 楽しみだなぁ。

コメント

Comments are closed.