[OpenSSL] OpenSSL 0.9.8gのWindowsCEバイナリできたよー

2007年12月4日 by
カテゴリ: Software, 開発のこと 

 OpenSSLのマニュアル(INSTALL.WCE)通りにeVC3でコンパイル。WindowsCE3.0以降でARMなCPUなら動くはずです。

 一応確認として、どえすでOpenSSL0.9.8aを使っているnPOP+npopsslのファイル(libeay32.dllとssleay32.dll)を今回コンパイルしたファイルに差し替えてGmailの巡回ができたのでOKだと思います。

 おそらく差し替えたからと言って著しくパフォーマンスが上がるとかセキュリティの問題を激しく回避できるとかそういうことはないと思うのですが、気分的に新しいほうがいいかなぁぐらいの感じで使ってみてます。

ダウンロードはこちら

openssl-0.9.8g-wince30.8796.7z

 実際に使うファイルは \OpenSSLCE30\bin の中の libeay32.dll と ssleay32.dll だけだと思います。既存のアプリケーションで使ってるファイルを差し替える感じで使うようになります。

コメント

Comments are closed.