[電話] W-OAM typeGが800kbpsに──京セラ、IP化対応高度化PHS基地局の量産を開始

2007年11月9日 by
カテゴリ: 電話 

 W-OAM typeGがやっと800kbpsになるそうです。ていうかまだだったの?

 ウィルコムがこの高度化PHS基地局を導入すると、基地局からITX(NTT交換局に設置するNTT地域網をバイパスする装置)までの回線をISDNからIP網に変更でき、バックボーンの完全IP化が実現する。完全IP化が実現すると、期間通信回線をすべて光ネットワークに切り替えられるため、PHSの通信速度をさらに高速化できる。

W-OAM typeGが800kbpsに──京セラ、IP化対応高度化PHS基地局の量産を開始 – ITmedia +D モバイル

 

 「期間通信回線」?「基幹通信回線」!!

 これを設置して、さらに将来次世代PHSの基地局に置き換えるという算段ですか。そんな資金的余裕あるのか?タイに技術売ったってたいしたカネにはなりそうもないけどなぁ…

 まぁなんにせよISDN依存から光に切り替えられれば将来的には良いでしょうね。たぶん価格も下がるでしょう。バックボーンのコスト下げてしかもハーフレートで音声やるんならさっさと値下げしろと。

 このままだとイー・モバイルがちゃんとした音声始めちゃったらやめる人たくさん出るよー

コメント

Comments are closed.