[電話] SC-01CファームSC01COMJL3覚書

2010年12月24日 by
カテゴリ: Android, 電話 

JL3って言っても中身はJL1なんですけどね

imageimage

LATEST_FW_VERSION	SC01COMJL3/SC01CDCMJL3/SC01COMJL3/SC01COMJL3
BINARY_URI		http://fus.samsungmobile.com/Phone_Binary/9/SC-01C_SC01COMJL3_SC01CDCMJL3_SC01COMJL3_SC01COMJL3_OM_DCM.zip.enc
LAST_MODIFIED		10/12/21
CURRENT_DISPLAYVERSION	SC01COMJK2/SC01CDCMJK2/SC01COMJK2/SC01COMJK2
LATEST_DISPLAYVERSION	SC01COMJL1/SC01CDCMJL1/SC01COMJL1/SC01COMJL1
BINARY_ENCRYPT_STRING	3026031

フォントが変わったような気がしないでもない?

そうそう。Mobile APは使えなくなってますよ!一応…

今日の謎文字列。
framework-res.apk res/values/arrays.xml

    <string-array name="config_tether_wifi_regexs" />

    <string-array name="config_tether_wifi_regexs">
        <item>wl0.1</item>
    </string-array>

ちなみにこれは SC-02B でも有効ですよ

コメント

10 件のコメント on [電話] SC-01CファームSC01COMJL3覚書

  1. b
    2010年12月25日 10:59 AM
  2. 初めましてお尋ねしたいのですが、海外版galaxy tabにこちらのFWを焼くことは可能ですか?
    ファイルの復号化,Odinの基本的な使い方は一応理解しております。
    お手数おかけしますがよろしくお願いします

  3. b
    2010年12月25日 4:04 PM
  4. 聞いてばかりではいけないので、自分なりの手順で行ってみました。以前吸いだしていたSC01CのpitとこちらのSC01COMJL3を復号化してOdinにて、pitに吸いだしたpit PDAに復号化したファイルを指定して焼いてみました。 しかしこの手順で行いますと最後にエラーが出てしまいます。 ヒントだけでも良いのでアドバイスお願いします

  5. 8796.jp管理人
    2010年12月26日 12:26 AM
  6. 最後のエラーというのが何の最後でどんなエラーなのかわかりませんが
    元々UK版にSC01COMJK2を焼いた状態でOdin3 1.7でPDA指定だけでできました。
    ちなみにpitは無しです。

    どうしてもpit指定しないといけない場合以外は余計なことはしないほうがいいと思います。

  7. ff24
    2010年12月26日 1:28 AM
  8. 復号化ができませんでした.復号化の方法は文字列を入力すればOKですか?

  9. ほぇぇ
    2010年12月26日 4:38 PM
  10. .zip.encはopenssl使っての復号でしょうか?パスワードにsamfirmware.comなどを入れてもNGだったので……

  11. まさ
    2010年12月26日 9:01 PM
  12. コメント見ているとイライラする。
    全部書いてくれてるじゃないか!!!

    自分で調べろよ!
    辿り着けないならあきらめろ!

  13. ほぇぇ
    2010年12月27日 11:19 AM
  14. 失礼しました

    書いてあるものがpassとわかっていたのですが
    復号するコマンドが間違っていました
    ありがとうございました

    […] 今回はr9になった影響か色々ファイルが更新されています。framework-res.apk も更新されているので、以前のものをそのままコピーするのはやめましょう。とはいえ AndroidManifest.xml に上記の権限に関わる追記があるだけなので、謎の文字列はそのまま有効です。 […]

    […] 基本的には事前のいわゆるリーク版と同様SuperOneClickでroot取得できるのも従前のとおりで、MobileAPの謎の文字列追加も従前のとおりです。 […]

    […] 試してませんがMobile APは前回同様でした。 […]