電気メガネ

Nreal Airの視力補正用レンズフレーム用のレンズをJUN GINZAで作ってもらった話

前回、視力補正用レンズフレーム(以下レンズフレーム)を装着する話をしたのでその続き。

基本的に目が悪くなくて裸眼で問題なく生活してるんですが、Nreal LightもNreal Airもなかなかピントが合わなくてしばらく使ってるとものすごく目が疲れるので自分の視力に対応したレンズを作ってもらおうと思い立ち、先日はじめて眼鏡を作ってもらった近所の大手眼鏡チェーン店に行ったところ「うちではそういうのやってない」ってハッキリ断られました…

これはもうNreal公式が推してるJUN GINZAに行くしかないと。行かねばならないと。その日はたまたま東京にいたので当日予約できますかーって電話したら空いてたので銀座まで行ったわけです。

追記:Amazon.co.jpで受付始ってました

JUN GINZAさんがアマゾンジャパン合同会社で通信販売を開始していました。結局フレーム送ったりする必要があるから近場の人はJUN GINZAさんに直接行った方がいいとは思いますが、遠隔地の方は検討してもよろしいかと存じまする。

だが銀座怖い

銀座。東京と言ってもせいぜい池袋、中野、秋葉原くらいしか縁が無い我々としてはザギンちょっと怖い…渋谷ほどじゃないけど怖いのでビビって検索したら最寄り駅が有楽町線新富町駅で思ってる銀座とは違って落ち着いた人があんまりいない方面だったので安心してたどり着けました。たとえて言うなら都営新宿線小川町駅から外堀通り~昌平橋渡って秋月電子行くみたいな感じ。ほら、実家に帰る道のような安心感がありますよね?

あ、Nreal Airの「視力補正用レンズフレーム」を持って行くの忘れないように!

コメント

  1. […] Nreal Airの視力補正用レンズフレーム用のレンズをJUN GINZAで作ってもらった話 2022/03/18銀座は怖いけどレンズつけたら体感がめっちゃ変わるよと言う話。Nreal Airを分かっている眼鏡屋じゃ […]

タイトルとURLをコピーしました