Sony WF-1000XM3がアップデートで音量調節できるようになった

2019年11月26日 by
カテゴリ: 電気小物 

最近通勤中に左耳だけ再接続されて微妙に左右で音がずれてイライラしている今日このごろですが、今月2回目のアップデートが来ました。

アップデートで音量調節?なにいってんだ?って感じる諸兄もいることと存じますが、WF-1000XM3は無線ヘッドホンなのに音量調節はヘッドホン側ではできず、接続機器側で調節しないといけなかったんです。

さて、前回1.3.7からほんの3週間で2.0.2!いきなりメジャーバージョンアップです!!

ソニーより引用

買った当初より「なんで耳元で音量調節できんのかのう…」「ケースの電池残量わからんのう…」っていうのが大きな不満だったので、改善された…ようなそうでもないような…

結局片耳1個のタッチセンサーをどう使うかって話なので、音量設定で使う場合は他の機能を諦めないといけないとかそんな感じです。

左耳のセンサーを音量コントロールにした図

見ての通り、タップで音が大きくなって、長押しで音が小さくなる。まあそうするしかないよねって感じの苦しまみれ感の強いアップデートです。

ケースの電池残量70%の図

ケースの電池残量は最後にヘッドホンを取り出したときの残量を表示する機能だそうです。減ってたからって充電してもヘッドホンを一度戻して取り出して再接続しないと更新されません。まあそうするしかないよねって感じの苦しまみれ感の強いアップデートです。(コピペ)

ていうかアップデートの案内に新機能の使い方も書いといて!!

[4] その他の機能を改善しました。

これで左耳が安定してくれるといいなぁ…

現場からは以上です。

あ、Alexa対応ね。うん。対応したみたいね。

2019/11/27 追記

  • 通勤中に左耳がキレ気味だったのが今日はキレませんでした(経過観察)
  • 音量調節は連打するとボリュームが大きくなり続けて、押しっぱなしにすると小さくなり続けるのですごく使いにくいわけではなかったです。
  • なんとなく低音が強まった気がする?

コメント

Comments are closed.