SAMSUNG MB-MC512HA/ECを買ったよ

2021年3月7日 by
カテゴリ: PCパーツ 

CrystalDiskMark_20210307213015

結果から言えば冒頭の画像な感じです。

来るべき大容量時代に向けてすっかり安くなった512GBのマイクロSDカードを買いました。


2019年モデルと2020年モデルで2020年モデルの方が安いので単純に世代が進んで低廉化したのか、なんか劣化してる廉価版なのかどうなのかイマイチ判然としませんが、動画入れる目的で使うのでまあどっちでもいいだろってことで安い方を買いました。

2019年とか下手したら平成ですからね。やはり令和最新でいきたいところです。

価格は2021年3月7日現在8700円(消費税込)です。あと96円高くても良かった。

いや、それにしても512GBのmicroSDカードが1万円余裕で切ってるんですねえ。おじさんが若い頃に買ったSDカード、Panasonicの512MBで6万円ぐらいした気がしますよ。

さて、届いた商品がこちら。

2021-03-07 21.08.27
2021-03-07 21.08.47

ちゃんとITGマーケティング株式会社のシールも貼ってある国内正規品です。

まったく個人的な見解なのですが、SDカードはSamsungかSanDiskの二択だと思っていてSamsungは海外と国内の価格差(内外格差)が少ない正規代理店の商品をアマゾンジャパン合同会社から購入できるので比較的安心して購入できるんですが、SanDiskは内外格差が大きい上に偽物が多く流通している上にメーカーサイトで商品情報までたどり着けなかったので買うのやめました。

同じ容量で同じシリーズ名でモノが違う場合が多い商品なのにメーカーサイトで国内正規流通品の型番が分からないとか論外でしょ。偽物と並行輸入品が横行しまくってるアマゾンジャパン合同会社の売り方も悪いんですが、Samsungが本物を適切な価格で購入できる現状があるのでSanDiskは選択肢に入りにくいという印象です。

ベンチマーク的には冒頭の画像の通り、ThinkPad E497本体内蔵カードリーダーでカタログスペックの9割ぐらいはシーケンシャルリード・ライトできてるからいいんじゃないですかね?

残量が少なくなった場合にどうなるかとかは知らんけど。

まれにベンチマークだけ速いやつがあるので、2.7GBほどあるファイルをコピーした様子。

image

安定感があってよいと思いました。

H2testwというツールを使って全域テストを行った結果

image

やはり安定感があってよいですね。

現場からは以上です。

コメント

Comments are closed.