ELECJET PowerPieの仕様を確認しよう

2019年11月13日 by
カテゴリ: 電気小物 

届いた話の続きです。

さて、20000mAhのモバイルバッテリーを海外からわざわざ輸入する必要があるのか?

先日日本でも発売されたGalaxy Note 10 Plusの売りのひとつで45Wの超高速充電で充電が切れた状態から1時間で満タンになるというのがありまして、これが思ったより特殊な仕様(PPS 11V/4.05A)だったようで、現状別売品の純正ACアダプターを買わないと45W充電はできません。海外版は25W ACアダプターが同梱されているんですが、国内キャリア版ではもちろん同梱されてません。

えー?USB PD 9V/3AなACアダプター使えば27Wぐらいいけるんじゃね?って思ってたんですがそんな単純な話ではなく、固定電圧(PDO)では9V/1.67Aで15Wまでしか充電できないようです。

それでもいちおう「急速充電中」とは表示されますが、せっかく対応してるんだからやっぱり25W以上で充電したいよね?したいよね?

モバイルバッテリーで45W充電できたらなおのこといいよね?ということなので、2019年秋時点ではたぶんこれしか選択肢がないのでみんな輸入しましょう。

PowerPie: 20000mAh 45W USB C PD Power Bank

これは届いた時に貼った画像と仕様の再掲です。

Input USB C PD:5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/2.25A@45W
Output :(PPS):4.4 – 11V/4A
USB C PD:5V/3A 9V/3A 12V/3A 15V/3A 20V/2.25A@45W
USB A :5V/3A 9V/2A 12V/1.5A@18W

ほら、PPS 11V/4Aって書いてある!!ということでみんなだいすきCT-2で調べてみました。なお、負荷装置が壊れて不可装置になってしまったので、実際の出力は確認してません。

ここからはPCでキャプチャした画像を貼っていきます。

Type-C側のUSB PDは3.0でPPSが4.4-11.0V/4.05A対応ということなので11*4.05=44.55Wつまり四捨五入で45W充電対応のGalaxy純正45Wアダプタと同じ仕様です。PDO15V/3Aとかに対応してくれてりゃ対応機器も多かったでしょうに…

Type-C側はQuickChargeなどには対応していないようです。USB PD警察の方も安心ですね!

あんまり興味がないA側の確認です。 Samsung AFCやQuickCharge2.0に対応している古いGalaxy S10なども高速充電できそうですね!

とりあえずGalaxy Note 10 Plusの充電残量を35%ぐらいまで減らしてELECOMの5A対応ケーブルで充電したのが次のグラフです。

軽く試した限り25Wちょいまでしか出ませんでしたが、ある程度まで充電すると細かく電圧と電流の両方をコントロールしている様子がわかります。

もしかしたらサムスンでは電圧のコントロールをちゃんとできないと燃えたり爆発したりするという研究結果があるのかもしれませんね!

測定器を途中に挟んだのが良くなかったのか、そもそも完全に空っぽにしないと45Wまで出ないのか、ケーブルが違うのかなどなど1回充電しただけではよくわからんので、次はもっと充電減らして再チャレンジしてみようと思います。

現場からは以上です。

コメント

Comments are closed.