Softbank RAZR M 201MではSECRET_CODEが2個しか効かない

2012年10月28日 by
カテゴリ: Android, 電話 

2012年10月26日に発売されたいわゆる LTE じゃない方の Softbank 4G 対応の RAZR M ですが、標準のダイヤラーではちょっと見た感じ *#*#4636#*#* と *#*#2486#*#* しか反応しないようです。

image

DEMO モードに入るのは *#*#33666633#*#* なんですが、標準では入れない気がしますw

以下おまけ

さて、motofail2go が効かないのは /system/bin/bug2go-bugreport が存在しないからだとは思うんですがよくわかりません。ちなみに init の穴も adb restore の穴も塞がれてますね。

テザリングに関しては既報の通り。5GHz でテザリングできるモバイルルータっていうのは古今例がないのでは。だが国内で屋外利用できない W52 なので塞がれる気がしてならない…

AP Setting

料金に関してはどうなるかわからないので使わないほうがいいと思いますが。

ちなみに APN の設定を見るとなんにも出ないのでした。スペース余ったので 4G の速度はこんな感じ。

APNSpeedTest

流石誰もユーザーがいないだけあってクソ速い。この速度が出る場所なら Wi-Fi Spot のバックボーンとして使ってもそんなに文句言うことはないんじゃないですかね?

動画の速度規制とかはわかりませんが。

ということで、現時点での RAZR M の満足度は比較的高いので、都内で働く方などは積極的に買わないでください。ユーザーが増えて混雑すると困ります!(キリッ

このインタビュー見て「我々から見たソフトバンクさんの魅力は何かというと、やっぱりネットワークなんですね。」とかなにいってんだコイツって思ったんですが、鈴木寛氏にごめんなさいしないといかんね…

「Motorola RAZR M 201M」開発者インタビュー – ケータイ Watch

さて、au LTE 端末買う意味がなくなってしまったわけですが…

コメント

Comments are closed.