DJI MAVIC MINI日本版は199gなので模型飛行機

2019年10月31日 by · コメントを残す
カテゴリ: Drone 

DJIから小さいドローンDJI MAVIC MINIが 発表されました。
海外版は249gでしたが、日本国内版はバッテリーが小さくて50g軽い199g(機体とバッテリーの合計)となり、航空法の「無人航空機」にはあたらず、「模型飛行機」に分類されます。
※バッテリーが小さいので飛行時間が30分→18分になってます

国土交通省「 無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行に関するQ&A 」から引用

ということで、無人航空機では許可が必要な人口密集地などでも飛ばすことができます。

国土交通省 「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の 安全な飛行のためのガイドライン 」から引用

第九十九条の二 何人も、航空交通管制圏、航空交通情報圏、高度変更禁止空域又は航空交通管制区内の特別管制空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのあるロケットの打上げその他の行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしてはならない。ただし、国土交通大臣が、当該行為について、航空機の飛行に影響を及ぼすおそれがないものであると認め、又は公益上必要やむを得ず、かつ、一時的なものであると認めて許可をした場合は、この限りでない。
2 前項の空域以外の空域における航空機の飛行に影響を及ぼすおそれのある行為(物件の設置及び植栽を除く。)で国土交通省令で定めるものをしようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、あらかじめ、その旨を国土交通大臣に通報しなければならない。

航空法

航空法では問題ないんですが、模型飛行機であっても「重要施設の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律」には該当するということなので、国会や最高裁、首相官邸、皇居、大本営などの重要施設付近上空は飛ばせないそうです。
周辺わりと広い!!

警察庁より引用

要するに日本でも国会などの重要施設、空港の近くやすごく高いところ以外はどこでも使える「空飛ぶデジカメ」が発売されたよということです。

300gで無人航空機であるDJI Sparkを持ってますが、なかなか気軽に飛ばせないですし、模型飛行機のTelloはどこでも飛ばせるんですがおもちゃすぎてデジカメとして使えないので、どこでも飛ばせて3軸ジンバルのついたデジカメとしてはなかなかいい商品じゃないかと思います。

しかしながら大多数の日本人は「無人航空機」と「模型飛行機」の違いを理解できないので、飛ばしていると善意の第三者ぶって文句を言ったり警察に通報したりするでしょうし、飛ばす方も「法的に問題ないから飛ばしてる」って原住民と争いになったりするのをマスコミが面白おかしく放送して専門家でもないコメンテーターがお気持ちを表明するだろうことは想像に難くないので、DJIにはイメージ戦略頑張ってもらいたいですね!

なお、200グラム未満というのは本体とバッテリーの合計なので、プロペラガードをあとづけして200gを越えても無人航空機にはなりませんので安心してフライモアコンボを買いましょう。

DJI StoreでMAVIC MINIを買う

DJI Spark Portable Charging Stationが発売されてた

2017年11月16日 by · コメントを残す
カテゴリ: Drone 

最近は週末ごとに天気が悪い日が多くてなかなか出番がない DJI Spark ですが、発売前から公式サイトで画像だけチラ見せされてたのにモノが出てこなかった「ポータブル充電ステーション」が発売されたようです。

こないだまではなかったと思うんですが、今日見たら出てました。

内容は以下のリンクから

Spark Portable Charging Stationを購入

簡単に言えば、インテリジェント・フライトバッテリーを最大3個充電できるモバイルバッテリーということですね。

DJI Spark は本体にバッテリーを装着した状態で、一般的な Quick Charge 3.0 対応のモバイルバッテリーを繋げば充電できるのですが、これを使えば予備の電池も含めて充電したまま持ち歩けるというメリットがあります。

本体に装着したバッテリーはなんと発売以来謎だった例の端子を使って充電するそうです。

image

バッテリー容量が 5000mAh ということですが、10.8Vなので一般的なモバイルバッテリー(3.6V)に換算すると 15000mAh ということになるので十分だと思います。

あわせて USB ポート(5V2A)からスマートフォンなどを充電できるので、手荷物が減って大変良いのではないでしょうか。

セットしたまま入れる袋が必要な気がしますが、充電中は熱を持ちそうなので難しそう?

追記:2017/11/17 12:09

バッグ売ってました(2400円)

Spark Portable Charging Station Bag

 

そんなこんなで、これ充電ハブが用無しになるのでは…

っていうか、充電ハブのACアダプタと同じっぽいから、AC アダプタ無しの廉価版も欲しかった!

とまあ、とりあえず注文したのでいつ届くかなーって

DJI Sparkの送信機を有線接続するケーブルを専用品に変えた

2017年7月19日 by · コメント(1)
カテゴリ: Drone 

2017-07-19 19.28.48

以前書いたように、環境によっては OTG ケーブルで接続しないと安定的に映像の受信ができないなど問題が発生することがある DJI Spark の送信機とスマートフォンの接続ですが、先日購入したリバーシブルな microUSB OTG ケーブルではコネクタがぐらつきやすくて安定感に欠けたのでケーブルを変えました。

なお、今回の対象は スマートフォンが micro USB の端末 です。イマドキな USB Type-C や iOS は別のケーブルが必要になりますが、今回は検証してないので触れません。

前回の記事はこちら

DJI Sparkの送信機とスマートフォンを有線で繋ぐ

今回のケーブルは汎用的な OTG ケーブルではなく、DJI MAVIC PRO の送信機で使用するための両端 L 字ケーブルです。

Amazon.co.jp: Anbee Maivc Pro リモコン 送信機データケーブル (Lightning コネクター / Micro USB コネクター / リバース Micro USB コネクター) DJI Mavic Pro ドローンに対応 (AndroidリバースMicro-USBコネクタ20.7cm)

ちょっとコタツの電源ケーブルみたいなさわり心地のケーブル。

もっと読む

DJI SparkはmicroSDXC 256GB対応

2017年7月5日 by · コメントを残す
カテゴリ: Drone 

2017-07-05 11.38.03

ちっちゃくてかわいい DJI Spark ですが、飛ぶだけじゃなくて搭載してるカメラで写真や動画の撮影ができます。

ちいさいながらも2軸ジンバルと謎の技術で安定した動画撮影ができたり、異なるアングルで9枚連続撮影してパノラマ写真を作ったりわりと遊べるわけです。

もっと読む

DJI SparkはQuick Charge 2.0で充電できる

2017年6月21日 by · コメントを残す
カテゴリ: Drone 

2017-06-21 20.57.14

ちっちゃくてかわいい DJI Spark ですが、ちょっと飛ばすと電池がすぐ切れます。

だいたい12分も飛ばせばおなかすいてホームに戻ってくるぐらいの勢い。

なにせ電池は 95g しかないので、容量は 16.87Wh しかありません。

Fly More コンボには追加の電池と、同時に3台まで充電できる充電ハブと充電器がついているんですが、単品で買うと単品にのみ付属している USB 充電器を使って microUSB 端子で充電することになります。

USB で充電できるんならモバイルバッテリーで充電できるんじゃね?ってやったのが上の画像。

ちなみに DJI Spark については こちら

もっと読む

次ページへ »