[電話] Galaxy SII GT-I9100のカーネルを手早くビルドする

2011年5月20日 by · コメント(1)
カテゴリ: Android, 電話 

gitってなに?とかそういうのは各自理解してあると仮定して

下準備として Linux をセットアップして Sourcery G++ を適宜インストールします。

Sourcery G++ Lite 2009q3-68 for ARM EABI

いつものように supercurio さんのおしゃる通り。

[REF] Galaxy S II Kernel source code repository. Please use it instead of .tar – xda-developers

便利なビルド用のスクリプトのサンプルが貼ってあるので適宜環境に合わせて変更して利用しましょう。

CROSS_COMPILE は特に重要。クロスコンパイラはコレですよって教えてあげてください。

あと重要なのは initramfs をいかに準備するかということ。

今回はお手軽に supercurio さんのを使います。起動時に毎回 su とか置いてくれる変更がされてます

project-voodoo/galaxysii-initramfs-modified – GitHub

ファイルを git で取得する

git clone https://github.com/project-voodoo/galaxysii-initramfs-modified.git

するとビルドしたカーネルにgitの管理ファイルも含まれてしまってがっかりするので

git checkout-index -a -f --prefix=../initramfs_mod/

みたいにして出力。svn export 的な感じ。この出力したディレクトリ名で先程のスクリプトを変更しておきます。

次はカーネルのソース本体を取得します

git clone https://github.com/GalaxySII/samsung-kernel-galaxysii.git

これはこのまま。

初回は先程のスクリプトを使わないで、できたディレクトリに移動して、GT-I9100 用なので

make c1_rev02_defconfig

すると準備完了。

そうすると先程のスクリプトを実行するだけで odin3 用の tar ファイルが出来ますよ!

同じように

coolbho3k/galaxysii_oc – GitHub

からソースを取得するとオーバークロックカーネルができるよ!