[日誌] HOTSPOTが1週間無料お試しキャンペーンをしてた

2008年10月21日 by
カテゴリ: 日誌 

 S21HTの環境整備もぼちぼち落ち着いてきた今日この頃いかがお過ごしでしょう。

 WS011SHと比べると画面がやや狭いものの、圧倒的な回線の速さと意外に楽しいTouchFLO 3DのおかげでもうWS011SHいらねーんじゃねーの?って思えなくもないんですが、実に残念なことにイー・モバイルは地下鉄で使えない…

 平日のお勤めで東京メトロで地底の旅をしている人にとってなかなか致命的な困りごとなのですが、当面帝都高速度交通営団でイー・モバイルが通じそうもないし、これではウィルコムの解約できないなぁ…とお困りのあなたっていうかわたし!!

 いや、世間には公衆無線LANサービスという物があって、docomoとか東日本とかコミュニケーションとかNTT系のは東京メトロで使えるって知ってたんだけど、携帯電話KDDIだし、光もKDDIだし、プロバイダはハイホーだし、ウィルコムとセットなら割引があるけど本末転倒だしってことで二の足を踏んでいたんですが、何気なく見たHOTSPOTのサイトに

 

先着3,000名 ホットスポットをためせる1週間プレゼント!

 

 とか書いてやがりましたよ?素早く申し込んだら確認メールが来て、メールのURLに飛んだら即ユーザーIDとパスワードとかが書いてあるメールが来たよ!!

 後はS21HTの無線LANの設定でごにょごにょ。ここら辺のhTc Zのマニュアルを参考にしたりもしたけど、まあ普通に無線LANの設定をして、颯爽と定時で脱出→地下に潜伏→設定してあるので勝手に接続→ブラウザ立ち上げてどっかに行こうとしたらログインページに飛ばされる→送られてきたユーザーIDとかパスワードをごにょごにょ→繋がる→\(^o^)/

 そりゃ繋がりますよ。駅の中で繋がらなきゃ詐欺だw

 問題は「駅での停車中に車内から接続ができるか」それも素早く力強く!ウィルコムに頼らなくて良くなるほどに!!

 結論から言えば設定を詰めれば自動接続で行けそう。電車がホームに入ってから無線LANをサーチするまでのタイミングが良ければ5秒ほどで接続される。一度ログインしとけばしばらくは再接続時にまたログインページに飛ばされると言うこともなさそうだ。切断されているときにサーチをする周期がどっかで設定できたような気がするんだけどあとで探してみようかな。

 面倒なのはユーザーIDとパスワードの入力なんですが、ホットスポットユーティリティソフトなるものを使えば自動でやってくれそうだ。だがしかし残念ながらキャンペーンユーザーでは使えなかった。別の手段としてIEEE802.1Xを使うというのもあるようだ。これならツール無しで自動接続できるのかな?明日試してみよう。

 

 月額利用料金が1,680円なので、現在ウィルコムに支払っている3,800円ぐらいに比べればずいぶん安上がり。フレッツスポットの方が安いんだけど、MACアドレスを登録しないといけないし、フレッツ接続ツールをインストールしないと使えないのでちょっとめんどくさい。何かと手数料で2,000円取ろうとするのは東西電話会社の悪い癖だ。docomoのは1,500円と微妙に安いな。FOMA使ってれば840円か…auもアレだしそれもいいかもなぁ…うーむうーむ。

 よし、どっちにしろウィルコムにお別れを告げる刻がついに来たのかもわからんね!

コメント

Comments are closed.