Samsung Galaxy Note 10.1でremountが出来ないからdebugfs使った

2012年9月11日 by
カテゴリ: Android 

image

先ほど su が入った system.img を面倒臭い思いをしながら作ったのは無事動作して、Download mode で純正以外の書き込んだ時に増えるカウンターが上がってないのを確認したりした今日この頃ですが、どういうわけだか mount –o remount,rw っていつものヤツが出来ないご様子。

毎回 system.img を作りなおして odin3 で書き込むのも大変面倒なのでなんとかしたいけど bootimg 書き換えると絶対カウンター上がるからやりたくないよ?

じゃじゃじゃーん debugfs の出番だこれ

[ROOT][TOOL]Debugfs automated root [08-12-2012] – xda-developers

debugfs ってファイルは↑のあたりに落ちてる zip のどっかに入ってます。

さて、コイツを adb push debugfs /data/local/tmp して adb shell chmod 755 /data/local/tmp/debugfs してから su 環境下で実行します。

debugfs –w /dev/block/mmcblk0p9

これで system 以下にファイルが書き込めるよ!

実行すると debugfs のプロンプトが出るので ls –l ってやればファイルの一覧が出るし /sdcard/su ってファイルを書き込みたければ cd /xbin して write /sdcard/su su ってするだけでファイルが書き込めます。

ファイルを書き込むのは write です。分かりやすいですね!

そしたら続けて

set_inode_field su mode 0106755
set_inode_field su uid 0
set_inode_field su gid 0

ってやれば chmod 06755 して chown root.root したのと同じ効果が得られます。

一仕事終えたら quit すれば debugfs が終了します。

なんてラクチンなんだー

 

意識の低いメーカーの Android 4.0 では init のマヌケ穴を利用して /data/local/tmp を /dev/block/mmcblk0p9 とかにリンクして権限を得て su じゃなくても debugfs でいきなり su を書き込んだりできたりしますね?

 

だれだ!リカバリーから update.zip のほうがラクなんじゃないかとか言ってるのは!

コメント

Comments are closed.