[Bluetooth] D-snap SV-SD950N来たよ 1.Bluetoothの設定まで

2007年9月21日 by · コメント(1)
Filed under: Bluetooth, 電気小物 

 ヤマトががんばって運んできてくれたよ!

P1010869 とりあえず箱。かなりちっちゃい(横にいるのはサイズ比較のためのnine.)

P1010870 ぱっくり開けてみた。

P1010872 W43CAとの比較(嘘)

もっと読む

[どえす] GSPlayerをAVRCPで操るツール

2007年9月19日 by · コメントを残す
Filed under: Bluetooth, 電気小物, 電話 

 標準ではWMPでしか対応していないことでおなじみのどえすでのAVRCPですが、使用中のフリーズが激しくて使い物にならないので代替案として軽量で素敵なGSPlayerを使おうと思ったんですが、残念ながらヘッドホンにあるボタンで再生とか停止とか早送りとかコントロールできないのでわりと使いにくい感じのがっかりプレイヤーになってしまいました。

 んでまぁ、いろいろ探してみると世の中には立派な人もいるもんで

GSPlayer with AVRCP!! – xda-developers

 ここで公開されているAVRCP.exeを使うと見事にコントロールできるようになりました!!すげーよドイツ人!ただ、常駐ツールなのがちょっとって感じはするけど、ヘッドホンの再生ボタンクリックでGSPlayerが起動したりする機能もあるので、しょうがないかぁ。

 ちなみにダウンロードにはユーザー登録が必要でした~

2007/7/13公開版

Headset Button functions:
Play – click – If GSPlayer is not running, it will startup, if it is running you can switch between play and pause.
Play – double click – turns the screen off
Play – triple click – opens the “File Open” Dialog
Play – long click – exits the GSPlayer. you can start it again with another click!
Forward – click – jumps forward one track.
Forward – double click – fast forward.
Backward – click – jumps back one track.
Backward – double click – fast rewind.

2007/08/28公開版

New Features:
-Changed double and dingle click behaviour of forward/backward buttons
-Pause and Resume the GSPlayer on incoming call.
-If you press the VoiceCommand Button, the Player will pause too.

 

 重複起動して右ソフトキーから設定画面が出せるんだけど、ダブルクリックとトリプルクリックの設定が保存されないっぽいので、レジストリに直接書いちゃったw

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wolf\Tools\AVRCP\

 ここに DoubleClickWait GSPlayerPath TripleClickWait って項目があるので適当に。Pathはgsplayer2.exeまで入れなきゃダメっぽい。

 ということで、再生ボタンダブルクリックで画面が消えたり、長押しでGSPlayerが終了したり、早送りも巻き戻しもできるようになってWMPより便利になった!

 だが、問題は結局GSPlayerでもフリーズするってことだな!

 同じスレッド内でGSPlayerのVGA対応でアルバムとかトラックのカバーを表示できる版も公開されてるんだけど、ソース付いてねーんだよソースが!!!


2007/10/10 追記

MortPlayerと設定変更でフリーズもしないしAVRCPも使える幸せ環境になりました。おすすめです。
[どえす] MortPlayerでBluetoothリベンジ

[Bluetooth] PTM-UBT3SをLOOX Uで使ってみた

 うちのヘッドホンはソニー ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック DR-BT21G Bで、SCMS-Tに対応しているので、東芝スタックの5.10.12を使っているんですが、どうにも音がぶちぶち切れますね。タスクマネージャーを見てても特段負荷がかかってる様子もないんですが、ときどきぷつっと無音になります。どえすにIMUB-01では余裕で到達する距離なので、電波状況とかそういう問題じゃないと思うんですが謎。

 PTM-UBT3Sはメーカー仕様で400mAも食うので、電気が足りないとかそういうこともあるのかな?あとでほかのPCで確認しよう。

 LOOX UをDR-BT21Gの母艦にしようと思ったけどなかなか思うようにはいかないようだ。消費電力少なめで良いかと思ったんだけどなぁ。でも、よく考えたら家で使うならサーバーにPTM-UBT3Sに刺せばいいのか?いやいや、WMPなんて入ってねーよw 容量的には心もとないけど、安定してればどえすでいいんだけど気まぐれにフリーズするからなぁ… やはり素直にもともとBluetoothに対応していて送信も受信もできるD-snap SV-SD950NならSDHCで容量不足もmicroSDなどえすよりは深刻ではないしいいかなぁ。どうかなぁ。どうだろうなぁ…

 あ、そうそう。GSPlayerをAVRCPでコントロールするツールがあったので、次で

[日誌] 昨日は新宿にお散歩した 2.PTM-UBT3Sを買うた

2007年9月14日 by · コメント(1)
Filed under: Bluetooth, 日誌 

  いろいろいじってて力尽きてしまったので昨日になっちゃったw

結局買ったプリンストンテクノロジー Bluetooth USB アダプター PTM-UBT3S

ヨドバシには普通に売ってるよとの情報があったので、地下のPCパーツ売場に行ってみたらワゴンで山積みだった。うーん、ビックカメラSuicaカード持ちとしては、ビックまで行って買った方がいいんだけど、ビックになかったらまたこっちまで戻ってこなきゃいけないのは腰痛持ちにはなかなかつらいので、とりあえずポイントを使って買えば心理的ダメージは少なかろうということで買ってみた。支払いは189円w

店員が保証書にハンコを押すために開封するということなので見守ってたら箱を破壊されたけどまぁいいや。

んで、こいつ。メーカーページによるとVistaの64bitには対応してないって書いてあるんだけど、付属のCD-ROMの中にx64ってフォルダがあって、それをインストールしたら普通に入ったので対応してるぽい。そもそも、Vistaに搭載されているMicrosoftの純正ドライバでも動くので、キーボードを接続するぐらいの用途ならそのまんま刺して終了でよさげ。

あと、どっかの東芝のサイトで配布されている新しめのドライバ(5.10.12)も無事入った。ちなみに添付されていたドライバのバージョンは5.10.8で、悪名高いSCMS-Tを切るチェックボックスがあったよ。

ちなみに、その状態でマジェスタッチワイヤレスに添付されているBluetoothアダプタをつけると評価バージョンになって30日しか使えないらしい。VID(0A12)やPID(0001)はどちらも同じだったのになんか違う条件でライセンスありのアダプタかどうかを判定しているようだ。MACアドレスかな?なお、PTM-UBT3Sに戻すと普通の状態になって30日制限とかはなさそうだ。

インストール完了後、軽くキーボードを接続させたりヘッドホンを接続させたりして遊んでみたけど特に問題がなく動いてる。CPUをやたら占有するとかもなさそう。

ちなみに、差し込んだらこうなった。右がPTM-UBT3Sで、左がLogicool VX ナノ コードレスレーザーマウス フォア ノートブック VX-Nのレシーバー。比べるPTM-UBT3Sは安っぽいなぁ。評判通り角がとんがってて刺さると痛そうだw

P1010846

[Bluetooth] FILCO、Bluetooth接続の日本語108キーボード「マジェスタッチ ワイヤレス」

2007年9月13日 by · コメント(1)
Filed under: Bluetooth, PCパーツ 

 あれ?普通に売ってなかったっけと思ったら、ソフマップとビックカメラ限定から一般販売も開始ってことね。

ダイヤテック株式会社は、Bluetooth接続の日本語108ワイヤレスキーボード「マジェスタッチ ワイヤレス」シリーズの一般販売を9月18日より発売する。

FILCO、Bluetooth接続の日本語108キーボード「マジェスタッチ ワイヤレス」 – PC Watch

 

 今日まさに英語版の茶軸を買ってきたのでちょっとどきっとしたが、わりとどうでもよい話題でよかったw

 そういや、何か違和感があると思ったら108キー。通常Windows95対応キーボードって106+3で109だったんだけど、何が足りないんだ?とよく見たら右Windowsキーがないのか。まぁいらないっちゃいらないけどw

 いやー、しかしクラシカルな配列の英語キーボードは良いねぇ。最近のLogitecのキーボードとかMSもほぼそうだけど、InsertとかDeleteとかのブロックが縦に配列されてたりして、Insertどこいったー!!!みたいな不思議配列が多くて困る。
 左利きでマウスを左手で使うから、Shift+DeleteとかShift+Insertが使いにくい昨今のキーボードは理解しがたいものがある。

 それはともかく、茶軸はよいねぇ。こんなに軽快にキーが打てるのは久しぶりだっていうか、キーボード打ちそこないもかなり少なくてよい感じ~
 いかんいかん、最近ずっと日本語配列を使っていたので、たまに英語配列を忘れてるw

 もちろんBluetoothなので、LOOX UにPTM-UBT3Sを刺してペアリングすればあっちでもこっちでも使えますよってことなんだけど、LOOX Uは本体のキーボードが一応日本語配列になっているので、英語キーボードを繋ぐには問題があるわけですが、今回の108キーのマジェスタッチワイヤレスならその心配もなくて安心だね!ってなんとか今回の商品に結びつけたところで商品画像と直販へのリンク。

そうそう、付属のBluetoothアダプタは微妙に大きくて近隣のUSBと干渉するので、ダイヤテック直販で買って珍妙なUSBコネクタをもらうのが良いかとw

« 前ページへ次ページへ »