Zenfone 2 ZE551MLの各国BAND対応を確認する

2015年5月8日 by · コメントを残す
カテゴリ: Android 

image

先日 ZE551ML ってのを買いまして。RAM が 4GB でストレージが 64GB のやつ。

いわゆる WW ってもので日本で使うには LTE B19 に対応してないから僻地では不便らしいです。

ということでどの周波数に対応してるのか確認してみましょうってお話。

Read more

サンワサプライ AD-USB21XPを買った

2015年1月26日 by · コメントを残す
カテゴリ: Android 

 image

Xperia Z シリーズで使われている磁石でくっつく充電端子に使うアダプタにクリップが付いてて外れにくいと評判の商品があるというので買ってみた。

AD-USB21XP【Xperia(TM)用充電変換アダプタ(microUSB-充電端子)】ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia(TM) シリーズ用マイクロUSB充電変換アダプタ。

メーカー希望小売価格が1,944円もしやがりますが、購入時827円だったのでそんなにべらぼうに高いというわけではないです。Xperia Z シリーズユーザーはすぐに外れて充電できなくてイライラするという人生における損失をたった827円で解決できる素晴らしい商品です。主にクリップ。

DSC01473

パッケージはこんな感じ。途中からクリップが付くようになったらしいのでシールで「ケーブルクリップ付!」って書いてるのを確認したほうがいいかと。

DSC01482_1

クリップつけたままだと文字入力がちょっとしにくくなるけど ATOK for Android ならちょっと右に寄せれば回避できるので優秀。

Xperia Z4 ではこの不人気充電端子が廃止されてキャップレス防水になった microUSB でこのクリップも不要になるとは思いますが、今とにかくイライラしてる人にはおすすめです。

Noto Sans JapaneseをNexus 5の日本語フォントにしてみよう※要root

2014年7月16日 by · コメント(2)
カテゴリ: Android 

Google と Adobe が共同で Apache License version 2.0 なフォントを発表したそうです。

オープンソースの美しい Noto フォントファミリーに日本語、中国語、韓国語が加わりました。 – Google Developer Relations Japan Blog

ダウンロードはこちら

Google Noto Fonts

こいつをなんとか Android 4.4.4 な Nexus 5 で使ってみようって話。

ダウンロードした zip ファイルの中身

image

このなかで NotoSansJP-Regular.otf と NotoSansJP-Bold.otf を使いましょう。

なんとかして Nexus 5 の /system/fonts/ に上記ファイルをコピーしてパーミッションを適切に設定します。

image

あとは適切に編集した fallback_fonts.xml を /system/etc/ に書き戻して適切にパーミッションを設定します。

image

お祈りして再起動します。

Read more

Android4.4.3が来そうなのでadb sideloadの復習

2014年4月15日 by · コメントを残す
カテゴリ: Android 

adb sideload

2014/06/04 追記

結局 Nexus 5 の 4.4.3 は KTU84M で出ました。

OTA の配布もやっと始まったようです。

追記ここまで

みんな大好き Nexus OTA ガチャの時期がやってまいりました。

2014/4/14 に Sprint の Nexus 5 で KTU84F が出るだか出ただかしたそうで

Find and update the software version on your Google Nexus 5

よしきた。

1397525485712

今日のガチャはハズレでした。

本当にアタリがいるのかどうか知りませんが、近い将来 OTA の URL がどこかから伝わってくるものと思われます。

過去の例だと http://android.clients.google.com/packages/ota/google_hammerhead/ 以下にファイルができます。

そこからダウンロードした zip ファイルを adb を使って適切にアップデートしよう!

※ adb は Android SDK とかで入れておこうね!

設定の「開発者向けオプション」で「USBデバッグ」にチェック入れて PC に繋いで

adb reboot recovery

もしくは電源切った状態で ボリューム下 押しながら 電源ボタン 長押しで 表示された画面でボリュームボタン押して Recovery mode を選択して 電源ボタン

そこには切腹して死んだドロイド君が!!

で、ボリューム上押して表示されたメニューで apply update from ADB 選んで電源ボタン押す。

Now send the package you want to apply to the device with “adb sideload <filename>” …

ってことで

adb sideload ダウンロードしたOTAファイル.zip

しましょう。

kernel とか system 弄ってるなど余計なことしてなければきっと成功するでしょう。

あ、そうそう。Now send 云々の画面でやっぱやめる時は電源10秒ぐらい長押です。

 

adb sideload のポイントはリカバリーモードで apply update from ADB 選ばないとあかんよってことですね。忘れがちです。

Androidのgeteventとsendeventを簡単に使おう

2014年3月25日 by · コメント(3)
カテゴリ: Android, 開発のこと 

image

adb shell で繋いで input tap とか糞遅いんで、もっと速い手段を使おう!

 

Nexus 5 の場合は /dev/input/event1 がタッチパネルなので

adb shell で繋いで

getevent /dev/input/event1 > /sdcard/event.txt

ってやって、タッチパネルぐりぐりして気が済んだら Ctrl+C で終了させる

そんでまた adb shell 繋いでたったの1行

cat /sdcard/event.txt|while read a;do set $a;sendevent /dev/input/event1 $((0x$1)) $((0x$2)) $((0x$3));done

ってやるとさっきやったぐりぐりが再現されます。

ね。簡単でしょ?

数値が getevent では16進数だけど sendevent は10進数なんですが、0x でどうにかしてるのが見どころですね。

これをうまく使えば繰り返しのテストとかきっと捗ると思いますよ!

でも実際の動作より遅いのでなんとかできんもんじゃろかと悩んでる今日このごろです。

« 前ページへ次ページへ »