WSKEN X-cableが届きまして

2015年9月7日 by · コメントを残す
カテゴリ: 電気小物 

Xcable_1

8月26日に発注して幾星霜…Amazon Prime で品切れしてたために香港から EMS で発送されてめっちゃ時間かかりまして、今日到着しました。

磁石でくっつくMicroUSB端子WSKEN X-CABLE注文した – 8796.jp管理日誌

いわゆる Apple の Magsafe っぽい MicroUSB ケーブルです。

コンセプトとしては MicroUSB を抜き差ししないで磁石のついたケーブルを付けたり外したりすることで便利な上に端末側の MicroUSB に負担がかからず長持ち凄い!ってことみたいです。

Amazon では先っぽだけも売ってます。

全景はこんな感じ。磁石のついたケーブルと、MicroUSB に差し込む先っぽが2個、差し込んだ先っぽをはずす道具と説明書。説明書は中国語と英語ですが、まあケーブルなのでどうでも。

xcable_2

差し込みめっちゃ硬いけどパチっていうまで押し込みます。引っこ抜くときは付属の道具を使いましょう。

xcable_3

充電するのにオモテウラはありませんが、通信するには X-cable って書いてる方を裏にします。表は明るすぎる LED がついてるのでシールでも貼って隠しましょう。

xcable_5

見えにくいですが、表でくっつければ Quick Charge 2.0 で充電されます。LED が明るすぎて白飛びしてます。

xcable_6

外すときは水平に引っ張らずに斜めにして外すようにしないと先っぽが抜けてしまうほどの磁力があるのでご注意を。

 

なお、チラチラ映り込んでる Nyangress 3巻は近日中に BOOTH にて販売しますよ!

Nyangress123

引退者向けIngress Transfer Opt-outのすゝめ

2015年9月7日 by · コメントを残す
カテゴリ: ゲーム 

Ingressoptout

Ingress という Google が運営していたゲームがあります。過去形です。

元々は Google 内にあった Niantic Labs. というセクションが運営していたんですが、2015年8月にそのセクションが Niantic, Inc. として独立したそうで、Google とは無関係になりました。

Google の親会社 alphabet とも関係ない完全独立会社だそうです。

Google とは無関係になったということで、Google のプライバシーポリシーに基いて管理されていたメールアドレスと既存のユーザーデータを第三者である Niantic, Inc. に移管することになったので、移管を希望しないユーザーを対象に Opt-out を提供しておりまして、希望しないユーザーは2015年9月11日(タイムゾーン不明)までにオプトアウトする必要があります。

なお、移管先の Niantic, Inc. のプライバシーポリシーは不明です(後述)。

現在もゲームを継続していて移管しても構わないユーザーはそのまま放置しておけば自動的にデータ移管されて継続してゲームを続けられるものと思われます(不明)。

Opt-out を希望するユーザーは以下のページからログイン後、No Transfer にチェックを入れて Proceed を押すだけで Opt-out は終了です。「本当によろしいですか?」みたいな日本的な確認は入らないのでいきなり完了します。

Ingress Transfer Opt-out

上記ページを開いた時にサインインを要求されて、サインイン後以下のように「this account is not activated」と表示されているアカウントは Google 側に Ingress をやっていた記録がないので、Opt-out もする必要がありません。

NoIngress

一方過去にプレイしていたアカウントで運営に Delete 要求をして削除されたはずのアカウントでも Opt-out 通知が来ていたそうなので、上記ページにサインインできる人は Opt-out しておいたほうが無難だと思われます。

まとめると

  1. もう Ingress やってないしやることもない
  2. Google は仕方なく信用してるけどそこから独立した会社を信用するかは別問題
  3. もぅマジ無理。Opt-out しよ…

って感じの流れです。

もっと読む

USB簡易電圧・電流チェッカー RT-USBVA3HV

2015年9月1日 by · コメントを残す
カテゴリ: 電気小物 

先程も申し上げましたが、Quick Charge 2.0 がマイブームでして。

checker

本当に QC2.0 で充電出来てるか確認するためにチェッカーを買いました。

せっかくなので測定してみようかなと。

こないだ買った Nexus 5 は QC2.0 対応してないのでこんな感じ。

nexus5

ほぼぴったり 5V 1A ですね。2.4A 対応を謳っている充電専用ケーブルでも同じでした。

次、こないだ買った Moto X Play です。最近の端末なので QC2.0 対応してました。

motoxplay_charge1

だいたい 9V 1A ですね。単純計算で1.8倍ぐらい力強く充電してます。80%越えても同じ勢いで充電してるけど大丈夫かこいつ。

あ、90%超えたら0.7A ぐらいになってきた。97%で0.4Aぐらいだ。えらいなー調節してんだなー

ちなみに、同じ状態でケーブルだけ充電専用にしたらこうなります。

motoxplay_charge2

見ての通り、充電専用ケーブルでは QC2.0 になりません。必ず通信できるケーブルを使いましょう。

充電器もモバイルバッテリーもスマートフォンも QC2.0 対応が求められる時代になりましたよ!

2015年も後半になったのに QC2.0 非対応のモバイルバッテリーとか充電器とか買ってる場合じゃないですよ!

ところでちょっと調べた感じ 1A までしか流れない感じなんですが、2.4A 対応ケーブルとか意味あるんですかね。

現場からは以上です。

Xperia Z3compactはカメラ使用中の充電控えめだった

2015年9月1日 by · コメントを残す
カテゴリ: 電気小物 

最近 Quick Charge 2.0 が個人的にブームでして。

それとなく Aukey の QC2.0 対応バッテリーと Xperia Z3c で充電時に電圧とかどうなってんのか調べてみたわけです。

これが通常の充電。一応 9V なので QC2.0 で充電されてる模様。でもなんか思ったより出力弱いな?

z3c_charge

なんとなくカメラ起動したらもっと弱まった。これは発熱対策なんだろうなー

Z3C_camera

そんだけ。

現場からは以上です。