イー・モバイル Sony Ericsson S51SE実機見てきた

2011年10月19日 by · コメント(1)
カテゴリ: Android, 電話 

うっかり立ち寄ったイー・モバイルショップに実機があったので触ってみました。

mini01

国内ソニエリ初の Android 2.3.4 搭載!ビルド番号は 4.0.2.A.0.9 なのでカーネルソースは公開済です。

Developer World – Download – Downloads – Devworld – Sony Ericsson

ぶっちゃけ Pocket Wi-Fi のウィジェットが入っててフォントがモトヤマルベリになってる Xperia mini ST15 そのまんまです。

サイズ的にはうちの Xperia mini pro SK17i とあんまり変わらないはずですけど軽いのはいいかも。

 

CPU 1GHz で 512MB のメモリで、ちっちゃくってかわいくてサクサク動く!!

 

ウィジェットワンクリックでテザリングを入れたり切ったりできるのはやっぱり便利ですね。

そういや 2.3.4 で Google Talk がビデオチャット対応してるか見るの忘れたけどどうせフロントカメラ無いからどうでもいっかw

 

イー・モバイル公式はこちら

携帯電話 Sony Ericsson mini (S51SE) – イー・モバイル

ソニー・エリクソン公式はこちら

S51SE – ソニー・エリクソン

ちなみに、イー・モバイルショップ市ヶ谷店では先着10名限定で先行予約キャンペーンとして1万円分の商品券か端末代1万円値引きのキャンペーンを行なっていました。

mini02

縛り無しで約4万円が約3万円になります…

まだ高いですねw

シンプルにねんで約3万円が約2万円になります。ランニングコストは3795円です…

あれあれ?ちょっとお得な感じになって来ました?

途中解約は約1万円なので月額割で1100円値引きがあることを考えるとベーシックで買う必要はないですね。

ふむ…

都内周辺に限定すると山手線の駅とか繁華街でアンテナは立つけどユーザー大杉で繋がらないけどエリアの広いドコモよりは電波さえ来ればユーザー少なくてパケット流れ放題なイー・モバイルの方が場合によっては良いかもしれません。

ちなみに SIM ロックはされてないようなのでドコモ SIM を刺してちっちゃい電話としても使えるはずです。

mini03

つづく!かも

ICSのフォント関係で気になること

2011年10月19日 by · コメントを残す
カテゴリ: Android, 電話 

フォントかよ…

/system/etc/system_fonts.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!--
    System Fonts

    This file lists the font families that will be used by default for all supported glyphs.
    Each entry consists of a family, various names that are supported by that family, and
    up to four font files. The font files are listed in the order of the styles which they
    support: regular, bold, italic and bold-italic. If less than four styles are listed, then
    the styles with no associated font file will be supported by the other font files listed.

    The first family is also the default font, which handles font request that have not specified
    specific font names.

    Any glyph that is not handled by the system fonts will cause a search of the fallback fonts.
    The default fallback fonts are specified in the file /system/etc/fallback_fonts.xml, and there
    is an optional file which may be supplied by vendors to specify other fallback fonts to use
    in /vendor/etc/fallback_fonts.xml.
-->
<familyset>

    <family>
        <nameset>
            <name>sans-serif</name>
            <name>arial</name>
            <name>helvetica</name>
            <name>tahoma</name>
            <name>verdana</name>
        </nameset>
        <fileset>
            <file>Roboto-Regular.ttf</file>
            <file>Roboto-Bold.ttf</file>
            <file>Roboto-Italic.ttf</file>
            <file>Roboto-BoldItalic.ttf</file>
        </fileset>
    </family>

    <family>
        <nameset>
            <name>serif</name>
            <name>times</name>
            <name>times new roman</name>
            <name>palatino</name>
            <name>georgia</name>
            <name>baskerville</name>
            <name>goudy</name>
            <name>fantasy</name>
            <name>cursive</name>
            <name>ITC Stone Serif</name>
        </nameset>
        <fileset>
            <file>DroidSerif-Regular.ttf</file>
            <file>DroidSerif-Bold.ttf</file>
            <file>DroidSerif-Italic.ttf</file>
            <file>DroidSerif-BoldItalic.ttf</file>
        </fileset>
    </family>

    <family>
        <nameset>
            <name>Droid Sans</name>
        </nameset>
        <fileset>
            <file>DroidSans.ttf</file>
            <file>DroidSans-Bold.ttf</file>
        </fileset>
    </family>

    <family>
        <nameset>
            <name>monospace</name>
            <name>courier</name>
            <name>courier new</name>
            <name>monaco</name>
        </nameset>
        <fileset>
            <file>DroidSansMono.ttf</file>
        </fileset>
    </family>

</familyset>

/system/etc/fallback_fonts.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<!--
    Fallback Fonts

    This file specifies the fonts, and the priority order, that will be searched for any
    glyphs not handled by the default fonts specified in /system/etc/system_fonts.xml.
    Each entry consists of a family tag and a list of files (file names) which support that
    family. The fonts for each family are listed in the order of the styles that they
    handle (the order is: regular, bold, italic, and bold-italic). The order in which the
    families are listed in this file represents the order in which these fallback fonts
    will be searched for glyphs that are not supported by the default system fonts (which are
    found in /system/etc/system_fonts.xml).

    Note that there is not nameset for fallback fonts, unlike the fonts specified in
    system_fonts.xml. The ability to support specific names in fallback fonts may be supported
    in the future. For now, the lack of files entries here is an indicator to the system that
    these are fallback fonts, instead of default named system fonts.

    There is another optional file in /vendor/etc/fallback_fonts.xml. That file can be used to
    provide references to other font families that should be used in addition to the default
    fallback fonts. That file can also specify the order in which the fallback fonts should be
    searched, to ensure that a vendor-provided font will be used before another fallback font
    which happens to handle the same glyph.
-->
<familyset>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidNaskh-Regular.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansEthiopic-Regular.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansHebrew-Regular.ttf</file>
            <file>DroidSansHebrew-Bold.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansThai.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansArmenian.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansGeorgian.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>Lohit-Devanagari.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
    <family>
        <fileset>
            <file>DroidSansFallback.ttf</file>
        </fileset>
    </family>
</familyset>

んーと、今までは OS で読み込むフォントが skia に固定値で入ってたんだけど XML ファイルで設定できるようになりましたってことかな?かな?

さらに /vendor/etc/fallback_fonts.xml で指定すればそっちも使うよってこと?こと?

ソースまだー?

そういやそもそも 3.x 知らないので前からそうだったらごめんなさいw

ちなみに、DroidSans.ttf シリーズは Roboto-Regular.ttf へのリンクになってました。

更に言うとエミュレーター用のイメージにはやっぱり日本語フォントは入ってませんでした。

そもそも fallback_fonts.xml にも記述ないってどういうことかー

例によってICSのsystem.imgばらした

2011年10月19日 by · コメント(1)
カテゴリ: Android, 電話 

バージョン連打で出る今回の絵はこちら。

3では青かったんですが色が蜂っぽくなりましたね?

platlogo

その3.xはこちら

platlogo

ちなみに2.3のはこんなんでした。

platlogo

うーん。こういう意味のわからない勢いも必要だと思いますよ。

そもそも全然アイスクリームでもサンドイッチでもなくね?