[電話] values-ja.netで海外のAndroid端末を日本語化する そのいち

2010年9月10日 by
カテゴリ: Android, 電話 

日本語化と言っても、日本語の表示は元々中華フォントですができるわけで、その意味では日本語化の必要はないんです。

さて、ここで言うところの日本語化というのはどういう事か。

これとかこれとかこれとかこれとか色々してきたように、日本語リソースの追加をすることを日本語化と定義します。

MoreLocale2でja JPにするとGoogle純正アプリ(マップとかマーケットとか)や日本人が作成したアプリのように日本語リソースを持っているアプリは日本語になりますが、OSの基本部分が海外端末の多くで英語になってしまいます。

Androidの設定画面は慣れれば場所とアイコンだけでなんとなくアラビア語だろうがロシア語だろうが設定できなくもないんですがやはり母国語の方が理解が早い。いや、日本語にしたからよくわからない設定とかも無いわけではないんですが。概ね日本語のほうが理解しやすい。

Android Open Source Project(AOSP)には日本語リソースが入っているんですよ。でも海外端末では容量削減のためか独自アプリのローカライズをしないからか、日本語が削除されていることが多々あります。

やはり日本語化が必要。

apktool を駆使するとリソースの追加や削除が簡単にできます。でも翻訳って面倒だし、数が多いと嫌になっちゃう。

そこで

image

http://values-ja.net/

を利用すると比較的簡単に日本語化ができました。

現時点ではXPERIA X10 mini proとGalaxySの一部にしか対応していないようですが、そのうちファイルをアップロードできるようになれば利用者の協力で対応機種が増えると思われます。

完全な日本語化をするとなると他にも色々やらなきゃいけないんですが、strings.xml と arrays.xml が日本語になれば大部分は日本語になります。

zipで落としたファイルとバッチファイルを使った日本語化がラクチンですよ。

続く!

コメント

Comments are closed.