» 2013 » 1月 » 11のブログ記事


前回の記事では「猫ひっかき防止シートは壁紙にはってはならぬ」という内容でした。

今回は、「ちょっとした引っかき傷を補修しよう」という内容です。
賃貸シリーズには入れてありますが、できれば持ち家や住んでいる途中でちょっと補修したいなーって時用で読んでいただけると嬉しいです。あと、フラットな壁紙ではなくて、多少の凹凸がある壁紙限定なのでご注意ください。

DSC05758

さて、こちらは傷ひっかきシートを貼ってない壁です。いくつか爪で引っ掻いたあとがあります。

 

DSC05759

小さい傷に効果的なのが、この目打ちのようなドライバー。ドライバーセットなんかにはいってます。

 

DSC05760

尖った部分で根気よくツンツンしていきます。壁の凹凸を意識してツンツンしていると、このレベルくらいまでは気にならない程度に補修ができます。

 

DSC05809

これは私が鏡を引っ掛けるために木ネジで開けた穴です。

 

DSC05810

こちらも前述の目打ちドライバーでツンツンします。

 

DSC05812

ちょっと穴開けたよねーっていうのがバレバレではありますが、どうせ鏡で隠れるのでまあいいか的な。
賃貸物件の方でも同じくらいの穴を修繕しましたが、生活でできた傷扱いで不問でした。あっちのほうが壁紙の種類のせいか、もっとキレイに修繕できたというのもあったと思います。

 

DSC05762

ちなみに、猫が爪で伸ばしてしまった網戸は、網戸の糸が伸びてしまった状態なので、目打ちでツンツンしてもなおりません。腹をくくって張りなおすか、修繕費を払ってごめんなさいしましょう。

Twitter

2013年1月
« 10月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー