前回前々回と、ラベル用紙を使っての回でした。今回は、「厚紙に印刷したものやチラシをくり抜いたものをシールにしたい」という回。
XYRON ザイロン X-150 シールメーカーというものを使います。ここのところ散財しすぎですね。

DSC00708-1

スクラップブッキングなどに最適!お好きな形の紙、写真、布、リボンなどがシールになります。
使い方はとても簡単。
カートリッジタイプでリフィルの取り替えも簡単。
お好みの紙などを切り抜き(最大38ミリまで)ザイロンシールメーカーのシール投入口に入れ、下部のシール出口からシール台紙をゆっくりと引き出すとシールが完成します。

というようなもの。 最初は何を言っているのかよくわからなかった。妊婦になるとアホ度が通常よりも5割増くらいになるようです。つーことで実際にやってみました。

DSC00710-1
切り抜きを入り口から入れる。

DSC00712-1
ゆっくり出口からひっぱる。

DSC00713-1
上側の透明シートをゆっくり剥がす。

DSC00715-1
裏面の剥離紙をはがす。

DSC00716-1
好きなところに貼る。   

DSC00717-1
この状態での保存も可能だそうです。

要するに、シールメーカーの中で両面テープが切り抜きの裏にくっついて出口から出てくるという仕組み。まあラクチンでシールに出来る。
粘着部分はカートリッジ式になっています。シールとして使う強粘着タイプと、貼ってはがしてまた貼って、の弱粘着タイプが出ています。

毎回毎回、無駄なところができてしまうのがもったいないなーっていう気持ち。初期のワープロのインクリボンがもったいねーって思ったのとまるっきり同じ感覚。若い子はインクリボンなんて知りませんね、すみません。
裏にノリつけたほうがコストパフォーマンスはよいと思います。最近はテープノリという便利なものもありますので…

まああれだよ!たまには楽しい贅沢もいいよね!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Twitter

2010年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

カテゴリー