[どえす] AVRCP V.1.11を試してみたよ

2007年10月10日 by · コメント(2)
Filed under: Bluetooth, 電気小物, 電話 

 W-ZERO3 ツールMEMOさんのところ昨日見た最新バージョンを試してみたよ!前のバージョンはこちら

1、とりあえず起動してもエラーを吐くけど一応動いてる様子w
SCRN0002 SCRN0003 SCRN0004

 

2、セッティング画面の表示。例によって全部文字化けしてるので、全部消去!今回は設定ツールで設定可能だったので前回よりはラクチン!とりあえず、配布場所に書かれている値を参考に穴埋め。
SCRN0005 SCRN0001

 

3、SV-SD950Nをヘッドホンにして無事操作できましたとさ。
SCRN0007 

 

 結局GSPlayer使ってるなら前のバージョンと一緒じゃないか説もあるがとりあえずテストということで~

 そして、案の定30分ほどでフリーズしたので今回の検証はおしまい!

[どえす] W-ZERO3 ツールMEMOさんで紹介されていた!

  なにげなーく、いつものようにGoogle Readerで未読を読んでいたら、

BlueToothのAVRCP(音声/ビデオ リモート制御プロファイル)で、GSPlayer等を操作できるようにするツール、AVRCPが公開されていました(7/13~9/21)

W-ZERO3 ツールMEMO – 2007-10-10

 

 ほへー、そういや前にそんなツール見かけてインスコしてレジストリが文字化けでよくわからんことがあったなぁと思ってみてたら

(情報元:ブツヨクxタワゴト → 8796.jp管理日誌)

 なんか知ってる名前キターw 日々お世話になってるサイトで自分のとこを紹介されるのを見るのはなかなか感動的だっ!

そして新しいスレッドでは、GSPlayerに限定せず、アプリに投げるWM_COMMAND(ウィンドウメッセージですね)を細かくカスタマイズできるようにされた、新しいバージョンが公開されています。

 なんだかGSPlayerは固まるから諦めてMortPlayerに行ってる隙にバージョンアップしてる事実まで知らしめられた!相変わらず設定は文字化けしてるのか…

 今日は眠すぎるので、明日検証してみることにしよう。

 ちなみに、MortPlayerでのAVRCPのことは[どえす] MortPlayerでBluetoothリベンジで書いてます。でも結局音楽はD-snap V-SD950Nに8GBのSDHCを突っ込んで聞いてるのでその後MortPlayerは使ってません。だって軽いし安定してるし電池が激しくよく持つんだもんw

[Bluetooth] CFC、PC/ケータイ/iPodで利用可能な60W出力のBluetoothスピーカーを発売

2007年9月25日 by · コメントを残す
Filed under: Bluetooth 

 ローリー4万円を見た時にずいぶん高いと思ったんだけど、その上がいたw

 シーエフ・カンパニー(株)は25日、Bluetooth 2.0+EDR対応のワイヤレススピーカー「Parrot BOOMBOX」(パロット ブームボックス)を同日付けで発売したと発表した。価格は4万9350円。

CFC、PC/ケータイ/iPodで利用可能な60W出力のBluetoothスピーカーを発売 – ASCII.jp

 

 たーけーよーw と思ってメーカーページを見に行ったら、でーけーよーwww 5.6kgってもはや電気小物じゃないなw

http://www.cfcompany.co.jp/product/parrot/boombox.html

 直販だと1万円引きの39,350円ですって言われても高いよw

 すべての音源をサポートって書いてるけどSCMS-Tに対応してるとは一言も書いてない罠。

[電気小物] ソニー、ラインナップを強化した「VAIO type A/U/C」

 AとかCとかどうでもいいけど、Uがマイナーチェンジしたようです。

ソニー、ラインナップを強化した「VAIO type A/U/C」 – PC Watch

 

 Core Soloだったのが、Core2 Soloになって、店頭売りモデルはHDDが30から40GBに増えましたよと。んで、19万円。どこをどう見てもマイナーチェンジ。でもLOOX Uに金額がちょっと高いだけあってBluetooth内蔵とかWebカメラとかFeliCaリーダーとか盛りだくさん。通販限定モデルは英語キーボードが選べるとかちょっとうらやましいかも。

 次世代UMPCのパートナーにソニー入ってなかったような気がするんだけど、MenlowでUは出すのかな?

[Bluetooth] マイクロソフト、Bluetooth対応の充電式キーボード/マウスセット

 日本語化にずいぶん時間がかかってるBTなキーボードマウスセットです。

 マイクロソフト株式会社は、Bluetooth対応の充電式キーボード/マウスセット「Wireless Entertainment Desktop 8000」を10月12日に発売する。価格は37,800円。

 米Microsoftが2006年9月に発表、2007年2月に発売していたメディアセンター向けの製品。日本での発売が期待されていたが、10月12日発売と決定した。日本での発売にあたり、日本語対応キーボードとなり、かな刻印が施されている。

マイクロソフト、Bluetooth対応の充電式キーボード/マウスセット – PC Watch

 

 37,800円!!高くね?究極のキーボードらしいけどそれにしても高くね?高い理由はキーボードにバックライトが付いてるってこと?Entertainment Desktop 7000が18,800円だそうです。充電台とバックライトで値段が倍になる?実はキースイッチの質が全然違うとかあるのかもしれないけど、そうだとしても、個人的にはノートパソコンとかやむを得ない状況以外での変態配列キーボードはもう勘弁って感じなので買うことはないかなぁ。マウスのホイールもきっとぬるぽだろうし…

 充電式モデルって電池の寿命が来たらどうするんだろうと思って見てみたら、一般的な単三のニッケル水素な充電池を使ってるみたい。キーボードに4本ってそれだけでずいぶん重くなりそうだけど、後々交換ができる安心感というのはなかなか良いね。

 

 メーカーサイトはこちら

次ページへ »