Asus BW-16D1HTを買った話

2018年3月9日 by · コメントを残す
カテゴリ: PCパーツ 

BW-16D1HT_1

特に意味はないんですが、そろそろデスクトップ PC で使ってる HD DVD-ROM が読めるドライブ( GGW-H20N )が購入からそろそろ10年になるので挙動が怪しいことにして、新しいわけでもない Blu-ray ドライブを買いました。

ええ、特にこのドライブが安かった以外の意味はありません。

メーカーは Asus ですが、中身は LG で、BH16NS40 というのがベースモデルなんですね。

BW-16D1HT_2

今日届いたので、2018年3月9日時点の流通在庫ということになりますが、製造は 2018 01 13 ということなので、そんなに新しい製品でもないのにわりと最近です。

ちなみに、購入時点でのファームウェアは 3.02 で、まったく友好的ではありませんでした。

どうにかして 3.01 にしたら友好的になりました。元のファームウェアを保存しておくのを忘れずに。

もちろん特に意味はありません。

全く関係ない話なんですが、Ultra HD Blu-ray 対応ドライブというのはいったいなんだったのか。

OEM 元のドライブは何故かよくわからないけど暴騰してるので、今使ってる BD-R ドライブが故障した時のことを考えて今のうちにこれを念のため押えておくのもいいかもしれません。

4K HDR液晶Intehill HS-133KPが届いた

2018年1月31日 by · コメント(4)
カテゴリ: PCパーツ 

image

Intehill という中国メーカーのロゴが起動時に表示される液晶です。

image

どうみても microSD カードがメインの画像ですが、Windows 10 のスケーリング 100% で表示した時のマウスポインターとのサイズ比較です。

老眼には厳しいやつです。

ということで、インフルエンザで39度を超えたりしていたら届いた 13.3インチ 4K HDR 液晶 HS-133KP です。

image

 

Read more

TOSHIBA MD05ACA800買ってた話

2017年5月7日 by · コメントを残す
カテゴリ: PCパーツ 

2017-04-20 19.13.26

2017-04-20 19.13.12

およそ3万円の 8TB HDD です。

普段は Western Digital ばかりなので、東芝ブランドの3.5インチを買うのは初めてな気がします。

感想としては、ちゃんと動く。ファイルコピーでシーケンシャル180MB/s以上安定して出てくれるのでわりと速い。

どうやら 1.3TB のプラッタが6枚入ってるようでみっしり重い。

音はゴリゴリ系。

7200回転なのでむき出し系 USB ケースでファイルコピーをしていると50℃近くまで熱くなります。

C92xre-V0AEPhQx_orig

ちゃんと風を当てれば室温+10度ぐらいかな?

C92lJsrVoAA8uNG_orig

風通しの悪い窒息系ケースだと夏場は熱くて死にそうな予感がありますのでそれなりに注意したほうがいいかもしれません。

ゴリゴリ

 

どこぞの ST3000DM001 みたいな壊れ方をしないようなら継続して買っても良いかなって思います。

オムロンBY50S既知の地雷が爆発したのでメモ

2016年10月10日 by · コメントを残す
カテゴリ: PCパーツ 

image

無停電電源装置(UPS) BY35S-BY50S-BY80S-BY120Sご愛用のお客様へ <お詫びとファームウェア更新のお願い>|インフォメーション|OMRON 無停電電源装置(UPS)

今朝サーバー PC がサージプロテクタがどうのこうの言って AMI BIOS の画面で止まってたので、調べてみたらこんな地雷が埋まってました。

3年経ったら自動バッテリーチェックで電源が瞬断するという UPS にあるまじき地雷のようで。

大変息の長い製品であるオムロンの BY50S ですが、どうやら2010年7月に Amazon で購入してたので完全に対象商品でありまして、2013年7月に NTT-X ストアでBYB50S という交換バッテリーパックを購入してたので、3年前にも同様のバグで不具合が出てたのかもしれないな?って今更気づいた次第。

上記サイトからアップデーターをダウンロードして、マニュアルを参考にファームウェアのアップデートを執り行いとりあえず瞬断しても影響の少なそうなもので様子を見てるところであります。

どちらにしてもそろそろバッテリーの寿命が近い気がするので、どうにかしないとね!

なお、BY50S は定格が 300W なので、うちの環境ではベンチマークなどで GTX1070 が本気を出してしまうとブザー音を鳴らしながら電源出力がオフになってしまうため、メインの PC では使用できなくなりましたので、録画サーバー専用になりました。

Logicool MX Anywhere 2 MX1500を買わねば

2015年7月12日 by · コメントを残す
カテゴリ: PCパーツ 

image

プレスリリース

「ロジクール MX Anywhere 2™ ワイヤレス モバイル マウス」 7月16日(木)に発売開始

曰く

MX Anywhere 2はAnywhere Mouse(型番:M905t)の後継機種となり、現在市販されているロジクールのハイエンドマウス「MX MASTER」(MX2000)のコンパクト版で、ハイエンドシリーズ「MX」ブランドの基幹製品となります。

とのこと。

2007年から VX nano を愛用している当方といたしましては、どう考えても1個は買わねばならぬ。

調子が良ければ2個3個と買いまししなければいけない。

寸法と重量を見ると VX nano と比べるとちょっと大きくて重いのと電池が充電式で寿命が気にならなくもないが、とりあえず1個は買って試さねばならぬ。

次ページへ »