内閣府「国民の祝日について」について

2018年2月5日 by
カテゴリ: 開発のこと 

image

毎年2月のお楽しみ。来年の「国民の祝日について」が内閣府からリリースされました。

国民の祝日について – 内閣府

2019年はタイミング的に「天皇誕生日」が無いというレア年になりました。

なお、土曜日で潰れる祝日は、5月4日と11月23日の2日となります。2018年が3日で2017年が4日だったので、ガッカリ感は少ないんですが9月の連休が土日月の3連休が2回で大型感は無いですね。

みんなだいすき CSV の話題

image

3年分の祝日を横に並べた衝撃的な CSV だった去年の初版で話題になった syukujitsu.csv ですが、話題になった後にわりと普通になってました。

image

いつからかわかりませんが、いわゆる「振替休日」が入った syukujitsu_kyujitsu.csv が提供されるようになってまして、さらに使いやすくなりました。通常はこのまま使っても問題ないレベルです。

image

年末年始を雑に計算して週休二日の場合の一般的な稼働日は244日になる見込みです。

これが確定じゃない問題

内閣府の問題じゃないんですが、2019年5月1日の「即位の礼」を祝日にするかどうかによって稼働日が3日変わる可能性があります。

image

第3条第3項の規定により、2019年5月1日が祝日になると、4月30日と5月2日が休日になるため、稼働日が3日減ります。

現時点(2018年2月5日)の予定

即位の礼が国民の祝日になった場合の想定

カレンダー屋さんや手帳屋さんだけじゃなく、年間予算考える人とかもかなり困るので、さっさとどっちか決めてもらいたいものです。

個人的には稼働日3日減ると嬉しいのでそっちでよろしくお願いします。

コメント

Comments are closed.