DJI Sparkにはプロペラガードをつけよう

2017年6月21日 by
カテゴリ: Drone 

2017-06-21 19.13.06

ちっちゃくてかわいい DJI Spark ですが、飛ぶときはプロペラがものすごい勢いで回転するので、やはりプロペラガードはあったほうが安全です。

DJI Spark は手持ちで離陸することができるので、プロペラガード無いとめっちゃ怖い!

また、諸事情で障害物センサーが働かずに壁に向かって一直線に飛んでって衝突した場合でも、プロペラガードのおかげで本体はほぼ無事だったりこともありました。

Fly More コンボには同梱されていますが、単品で購入した場合は別売りなので、別途 DJI オンラインストアなどで購入できます。※現時点(2017年6月21日)では出荷予定が6月30日以降となっています。

さて、そのプロペラガードですが、同じものが4個入ってると思ったら大間違いで、実は2種類に分かれています。

DJI Spark については こちら

ほとんど見分けがつかないんですが、クリップの部分が白いのとそうでないのがあります。

2017-06-21 19.10.072017-06-21 19.10.13

白いやつは、プロペラの中心に白いマークがついている方に使います。

2017-06-21 19.08.37

白くないやつは、プロペラの中心が白くない方に使います。

2017-06-21 19.09.14

逆につけるとなかなか外れなくなるので注意が必要です。最初に逆につけて大変慌てたわけです。

マニュアルを読めば「取り付け箇所を間違えないように気をつけて」って書いてます。よく読みましょう。

2017-06-16 19.39.18

コメント

Comments are closed.