Logicool MX Anywhere 2 MX1500を買わねば

2015年7月12日 by · コメントを残す
カテゴリ: PCパーツ 

image

プレスリリース

「ロジクール MX Anywhere 2™ ワイヤレス モバイル マウス」 7月16日(木)に発売開始

曰く

MX Anywhere 2はAnywhere Mouse(型番:M905t)の後継機種となり、現在市販されているロジクールのハイエンドマウス「MX MASTER」(MX2000)のコンパクト版で、ハイエンドシリーズ「MX」ブランドの基幹製品となります。

とのこと。

2007年から VX nano を愛用している当方といたしましては、どう考えても1個は買わねばならぬ。

調子が良ければ2個3個と買いまししなければいけない。

寸法と重量を見ると VX nano と比べるとちょっと大きくて重いのと電池が充電式で寿命が気にならなくもないが、とりあえず1個は買って試さねばならぬ。

BOOTH倉庫サービスを利用した感じ

2015年7月10日 by · コメントを残す
カテゴリ: etc 

image

オリジナル猫グッズ通販をするにあたって pixiv が運営する BOOTH という仕組みを利用したので、その特徴である倉庫サービスについての知見を思いついたままに。

Nyantic Labs. BOOTH – BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

詳細はこちら

倉庫サービス – BOOTH – 創作活動がより楽しくなるショップ作成サービス

 

入庫について

image

まず、出荷してもらうためには在庫を倉庫に送らねばなりません。

 

  • 最初に商品登録で「倉庫発送」にする必要がある。
  • 商品登録ページから「倉庫へ送る」をして「保管ID」を取得。
  • 倉庫に送る1梱包ごとに「保管ID」を取得したほうが確認早そう。
  • 送る箱に「保管ID」書いておこう。
  • 出品者→倉庫 の送料は当たり前ですが元払。
  • 土日は倉庫おやすみ。
  • 倉庫に到着したらステータスが「入荷作業中」になる
  • 入荷作業中長い。
  • 1梱包に1種類みたいなわかりやすい方が早く入荷されるかも。
  • 上記の例では6月27日に発送したのが29日に倉庫に届いて7月3日に入荷完了してますが、1梱包にTシャツの色違いサイズ違いで色々入れたのは7月7日に入荷完了。
  • 入荷完了は朝9時半ごろに通知が来るっぽい。
  • 具体的に何してるのかよくわかんないけど OPP 袋に入れて商品番号シールとか貼ってるっぽい
  • 驚くことに入荷作業は無料だ!実際にかかってるだろうコストを考えるとアメージングだw
  • でも入荷作業中長い。

カネ払ったら優待入荷作業とかオプション欲しいですね?

 

出荷について

image

決済が完了したオーダーは勝手に出荷してくれます。

  • ユーザーの支払いは、全国一律メール便(ヤマト運輸)320円、宅配便(佐川急便)700円。
  • メール便可になってる商品も2個オーダーすると宅配便になるらしく場合によっては割高感。
  • 出品者に顧客の情報はメールアドレスしか来ないので個人情報の取扱を気にしなくていい。
  • 朝9時時点で決済完了のオーダーがまとめて出荷処理される。
  • 出荷処理は送状の番号が発行されるだけで実際の出荷はその日の夜。
  • 朝9時以降のオーダーは翌営業日の朝9時まで何もされない。
  • 土日は倉庫おやすみ。
  • 送状の番号が登録されるのが遅いのはたぶん佐川のせい。
  • 梱包は丁寧らしい。 

pixivが運送業者への料金以外に出荷作業してる会社に1件?1行?1梱包?あたりいくらで支払いしてると思うんだけど、1オーダーで200円ぐらい払ってるのかな?

箱代とか梱包資材代とか考えると利益出てるのかなー?って感じが強い。

 

保管料について

image

  • 四半期で在庫回転率が低いと3ヶ月分で1080円かかるらしい。
  • 四半期締め日時点で販売率が20%未満だと過去3ヶ月分に対して請求されるっぽい。
  • 初回は3ヶ月ちっとも売れなくても無料チケットが消費されるので請求されない。

許容される MAX の在庫を突っ込んだとするとめっちゃ安い。160サイズのダンボール50個を3ヶ月1080円で保管してくれるとか業界の常識から考えるとありえないぐらい安い。

 

結論

この御時世なので、個人情報の取扱を気にしなくていいというのが最大のメリットかな。

出品者的には入荷作業早くして!!って言いたいけど色々裏でかかってるだろう経費を考えると、潰れないように頑張ってください!

個人的には海外に直接送れるようになると助かるかな?かな?

NEC Aterm MR04LNの時代が来てる

2015年7月8日 by · コメントを残す
カテゴリ: 電気小物 

image

どうやら Aterm MR03LN の時代は終わったらしい。

メーカーサイト

Aterm MR04LN – 製品一覧 – AtermStation

ニュースリリース

LTE-Advanced対応のモバイルルータ「Aterm MR04LN」を発売 (2015年06月30日):プレスリリース – NEC

発売日は 2015年7月16日。

どちらも LTE に対応したデュアル SIM とか買うでしょそりゃ!

MR03LN では LTE Band 1,3,19,21 のドコモ用クワッドバンドだったんですが、MR04LN は LTE Band 1,3,8,11,17,18,19,21 で国内キャリアの LTE ほぼすべてをカバーしてます( B28 除く)。買うでしょ。

あとは LTE-Advanced 対応とか、W56 でのテザリングとか、Wi-Fi が最大 867Mbps とかとか。

まあなんだ、買うでしょ!

なんだかんだでデュアル SIM なのに重量ほぼ変わらずで1ミリ薄くなってるんですが、電池の持ちは変わらないのがちょっと残念ですが、買うでしょ!

相変わらず OCN モバイル ONE の SIM 付きの方が安いこんな世の中です。

裏蓋開けやすくなってるといいなぁ…