[電話] Galaxy Sのmountはちょっと変

2010年6月30日 by
カテゴリ: Android, 電話 
# busybox mount
busybox mount
rootfs on / type rootfs (ro)
tmpfs on /dev type tmpfs (rw,mode=755)
devpts on /dev/pts type devpts (rw,mode=600)
proc on /proc type proc (rw)
sysfs on /sys type sysfs (rw)
/dev/block/stl6 on /mnt/.lfs type j4fs (rw)
tmpfs on /sqlite_stmt_journals type tmpfs (rw,size=4096k)
none on /dev/cpuctl type cgroup (rw,cpu)
/dev/block/stl9 on /system type rfs (rw,vfat,llw,check=no,gid/uid/rwx,iocharset=utf8)
/dev/block/mmcblk0p2 on /data type rfs (rw,nosuid,nodev,vfat,llw,check=no,gid/uid/rwx,iocharset=utf8)
/dev/block/stl10 on /dbdata type rfs (rw,nosuid,nodev,vfat,llw,check=no,gid/uid/rwx,iocharset=utf8)
/dev/block/stl11 on /cache type rfs (rw,nosuid,nodev,vfat,llw,check=no,gid/uid/rwx,iocharset=utf8)
/dev/block/stl3 on /efs type rfs (rw,nosuid,nodev,vfat,llw,check=no,gid/uid/rwx,iocharset=utf8)
/dev/block//vold/179:1 on /sdcard type vfat (rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,uid=1000,gid=1015,fmask=0102,dmask=0002,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro)
/dev/block//vold/179:9 on /sdcard/sd type vfat (rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,uid=1000,gid=1015,fmask=0000,dmask=0000,allow_utime=0022,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro)

以上がその出力。rfsってよく知らないファイルシステムなんですが、

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/315/315300.html

たぶんこれ?サムスンだし。YAFFSより4倍早いそうです。

へー

見ての通り /system とか概ね rw で vfat です。/data が mmcblk0なんですが、MMCの名前が示すように通常SDカードで使われます。マルチメディアカードなつかしす。p2 なので2個目のパーティションです。ちなみに、1個目は /sdcard でマウントされてます。8GBの内蔵メモリを2個に分割して使ってるんですね。

ということで、本日発売のIS01をお買い上げの、くろぺんさんによると

IS01 開封の儀 – コムギドットネット

で調べてもらった mount を見てみると /data はやっぱり mmcblk0 ですが ext3 ですね。はたしてモッサリとかプチフリとかはないのか?なかなか興味深い。

コメント

Comments are closed.