[MT4] WindowsでMovable Type4 インストール編3(Movable Type4)

2007年8月26日 by
カテゴリ: MT4 

前回前々回でとりあえずの実行環境はそろったはずなので、いよいよMovable Type4のインストール。

今回は個人で非商用利用ということなので、

ダウンロードはこちらから → movabletype.jp
一番下の Six Apart – Movable Type でSix Apartに飛んで、
「ご購入方法」に飛んで、「個人ライセンス(無償)」をよく読んで、ECバイヤーズに飛ぶ。

ごちゃごちゃ書いてあるのをよーっく読んで、ページの一番下にいる「利用許諾に同意し~」を押す

ユーザーの登録とかなんだかんだあって、(中略w)

ダウンロードしてきたファイル名は MT-4_0-ja.zip

解凍したらファイルがたくさん出てきます。
WS000117

とりあえず、解凍してできたファイル名を mt  にリネームして、

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\cgi-bin

ここに移動。

mt の中の mt-static だけ、

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs

ここに移動。

はい、Movable Type4インストール終了

 

ただ、これだけじゃファイルを置いただけなので、ここからが本番!
さーて、ついにMovable Type4が動き出します。

その前に、動作環境が足りてるかのチェックを行いましょう。

http://localhost/cgi-bin/mt/mt-check.cgi

素の実行結果がこちら
WS000088 WS000089 WS000090 WS000091

どうやらPerlのパッケージとやらがいろいろ足らんようだ。

スタートメニューから Perl Package Manager を使いいろいろ入れてみよう。
WS000227

Fileの下にあるボタンを押してすべて表示にして、検索窓にないって言われたモジュール名を入れて検索
この際「::」を「-」に置き換えて検索しないと見つからないものがある
WS000094 WS000095 WS000096

今回ざっと入れたのは

  • Cache-Memcached
  • IO-Compress-Zlib
  • Mail-Sendmail

検索しても見つからなかったのが

  • Image::Magick
  • Crypt::DSA

Crypt::DSAはここによると、ActivePerl 5.8系だとレポジトリを追加しないといかんと書いてあるので、
Edit-Preferences-Repositories に追加しよう
WS000056

ほら、見つかった。
WS000058

あとはImage::Magickなのだが、これは別にアプリケーションを入れないといけないようなので、
ダウンロードはこちらから → ImageMagick

Binary Releases – Windows を選ぶ。
WS000119

ダウンロードするファイルは Win32 dynamic (以下略)
WS000120

ここでもActivePerl同様x64なWindowsを使っていてもx64を選んじゃいけません。
あと、static というのもダメ。必ずファイル名に dll が入ったものを選びましょう。

今回ダウンロードしたファイル名は ImageMagick-6.3.5-6-Q16-windows-dll.exe

例によってさくさくインストールします
WS000063 WS000064 WS000066 
WS000067WS000068

ポイントはここ
WS000071
オプションをこのように変更します。
Install PerlMagick for ActiveState Perl v5.8.8 build 820 にチェックを入れるのが重要!

あとは例によってさくさく
WS000072
WS000074 WS000075

はい、終了。

ここでWindowsを再起動して環境変数を適用させないとうまく動かなかったので、再起動!

そして、再起動後にまたさっきのチェックを実行

http://localhost/cgi-bin/mt/mt-check.cgi

WS000079

無事にもろもろ入りました! 

 

長くなったので、続く!

コメント

Comments are closed.